お知らせ

想像すること

恋とか愛とか(仮)【気付いた女】
一週間前の木曜日で全ての回のオンエアが終わりました!!
観てくださった皆様、ありがとうございました😊

エピソードのテーマは「同性愛」
女の子同士の恋のお話です。
私が感じた事、思った事、拙い文章ですが、ここに綴らせてください。。

このエピソードに関わる前の私は、LGBTという言葉自体は聞いたことはあっても、詳しくどのような人たちの事を指すのか、LGBTの人たちが今現在、社会でどのような立場にあるのか。
ニュースなどで見ていても、どこか、他人事のように感じていました。
偏見があるわけじゃないんです。ただ…私は無知でした。

ですが、このエピソードの撮影中、無知な私は色んなことを想像することができました。
もし、身近な人にLGBTをカミングアウトをされたら、
もし、恋心を告げられたら、私は受け入れられるだろうか。
もし、自分の子供がLGBTだったら。
そして、もし異性愛者の自分自身が、バイセクシャルだと感じる時がきたら。
どのように、向き合っていけばいいのだろうか。

色々と自分なりに想像して、考えていくと、
もはや他人事ではないように感じました。

異性愛者同士の恋愛と同じように、
LGBTの人たちの恋愛も、悩んで喜んで切なくなってという感情は一緒で…。
これは役を通してですが、レズビアン役の女の子に愛しさを覚えたあの瞬間、そう思いました。
私が、主人公の女の子に言うセリフで
「人を好きになって一喜一憂したりすることは、他のみんなとなにも変わらない」という言葉があります。
まさに、その通りだと実感しました。男だろうと女だろうと、恋愛に性別なんて関係ない。
このエピソードを通して、身をもって感じることができ、本当に良かったと思っています。

放送の中で、番組MCの犬山紙子さんも仰ってましたが、「想像すること」が、本当に大切だと思いました。
もしかしたら今話してるこの人は人には言えない悩みを抱えているかもしれない。
これを言ったらもしかしたら傷付けてしまうかもしれない。
どんな気持ちで私にこの話をしてくれているんだろうか。
私だから話してくれてる大事な話なのかもしれない。。
こんな風に、何事も想像したら、相手に寛容になり、優しくなれるから、と。
これはLGBTの人に対してだけではないですよね。人として、意識し直さなきゃと感じたことはたくさんありました。

とにかく、LGBTに対する偏見が早くなくなってほしいです。
家族や友達、仕事場にも、まだまだカミングアウトがしづらい状況のようです。
なにか力になれることはないだろうか。。
今日ここだけの想いだけで終わらせず、まだまだ考えて、私なりに理解を深め続けていきたいです!!

長々とすみません。
読んで下さった方、ありがとうございました!!
まずできることは、LGBTについて、知ろうとしてみること、そして、想像してみることかもしれませんね!

2018.10.18

月別アーカイブ