岡崎花帆子 公式Webサイト HOMEお知らせ ▶ 『デーモンかかぁ』

お知らせ

『デーモンかかぁ』

10月6日から11月10日からのおよそ1ヶ月間は、
広島県の女性のための「がん検診一斉受診月間」
皆さん、この機会にがん検診は受けていただけましたでしょうか?
広島県の皆さんのがん検診受診率を上げるべく活動してくださっているデーモン閣下の教えを受け、わたしも今年は「デーモンかかぁ」の一人として、テレビやSNS、ラジオなどで啓発活動を行ってきました。
デーモンかかぁになったのは、広島で活動しているタレントの皆さん!
なんと!デーモン閣下専属のヘアメイクさんに施していただきました!!
光栄すぎて…一生の記念になりました^ ^
わたしは右上の青い作業着を着た女性トラック運転手に扮しました!笑
さて、この活動の一番のターゲットは、広島県の女性の皆さんです。
広島県では男性の受診率に比べ、圧倒的に女性の受診率が少ないという結果が出ている現状…。
「会社で受けてたけど、結婚して子供を産んでなかなか行けなくなった。」
「そもそも忙しくて行けないし、どこで行われているのかわからない。」
「まさか自分ががんになるとは思えない。」
などなど…女性が受診をしないのは様々な理由があります。。
わかります。わかるんです。そもそも予定立てるのも大変ですよね…!
けれど!いつまで経ってもがん検診を受けずにいたら、大切な命を落としてしまう可能性もあります。
少しでもがん検診に関心を持って欲しい!
そういった想いで、忙しい女性に呼びかけるべく誕生したのが「デーモンかかぁ」!!
がん検診一斉受診月間は、県内およそ32の医療機関で、
日曜日に検診が可能という体制が整いました。
しかもそのうち19の医療機関は、女性医師による検診!
がん検診を受けない一つの理由として、
「男性のお医者さんに検診されるのが恥ずかしい」
という言葉も多くあります。
女性特有のがん検診となると、乳がん検診や子宮頚がん検診があります。
我慢しないといけないけど、恥ずかしいから行きたくない。
そんな気持ちもよくわかります…!
けれど、女性医師に検診していただけるのなら、
「行ってみようかな」と思っていただける一つのきっかけにもなると思いました。

がんにならないためには、
日頃からのセルフチェックは大切ですが、
やはり然るべきタイミングで必ず検診を受けていただくことに限ります。
早期発見、早期治療が、あなたの命を守る行動に繋がります。

私は現在25歳ですが、
子宮頚がん検診を22歳の時に初めて受診しました。
本来ならば、子宮頚がん検診は20歳から2年ごとに受けるのがベストですが…
20歳の私はがん検診について何も知りませんでした。
22歳の時、たまたま婦人科に行った際に先生から子宮頚がん検診を勧められました。
初体験ということで少しだけ怖かったのですが、
受けてみたらあっという間!
検診結果も問題ないとわかったときは、とってもホッとしました。
「自分の今の体を知る」ということが、どれだけの安心感に繋がるのか、というのを身をもって実感しました。

「まだ若いからがんになるわけない」
そう思っている私と同世代の女性は多いと思います。
ですが、20歳から受けることができる、ということは、若くてもがんになる可能性は十分にある、ということです。
女性というのは、人生において様々なライフイベントがあります。
結婚、出産、子育て、、、
私はこの活動を通して、これから!という若い世代と呼ばれる年代の女性たちが、
いつまでも健康で、若々しいその笑顔で、
幸せな人生のイベントを迎えてほしいと願っています。
これから家族をつくりたい、
子供が立派に育つまで病気はできない、
そういう想いが芽生えた時に、やはり健康でいるのが一番です。
どうか、若い世代の女性たちの健康に対する意識が一つ上がってほしいと思っています。

周りにいる男性の皆さんも、
どうか、奥さんや彼女さん、娘さんや友達に、
がん検診を勧めてあげてください。
身近な人からの勧めは、意外と嬉しかったりします。
「あなたが大切だから、がん検診を受けてほしい」
その想いを伝えてあげてくださいね。

今年のがん検診一斉受診月間は終了しましたが、
予約をすれば平日診療が可能な機関はあります。
来年も一斉受診月間はあるでしょう。
ぜひ、がん検診を受けて、私たちと一緒に「デーモンかかぁ」になりましょう!

自分のために、大切な人のために^ ^

2019.11.14

月別アーカイブ